特許・商標登録・意匠登録、著作権・国際契約・訴訟事件・知的財産権全般を扱う特許業務法人秀和特許事務所

国家知的財産権局が公表した2019年上半期の知的財産権に関する統計データ

2019年7月9日に、中国国家知的財産権局は北京で2019年の第2四半期の記者会見を行い、2019年度上半期の特許、商標、地理的表示、集積回路配置設計に関する半年の統計データを発表した。発表された内容の重要な部分は以下の通りである。

  1. 特許について

    データによると、2019年度上半期におけるわが国の特許出願件数は64.9万件となり、前の半期に比べると、9.4%減少した。そのうち権利化された件数は23.8万件あり、前の半期に比べると、9.9%増加した。その中で、国内出願者による件数は19.2万件となっている。

    国内出願者による19.2万件の中で、職務発明は18.3万件あり、全体の95.2%を占め、非職務発明は0.9万件で、全体の4.8%を占めた。

    なお、2019年度上半期における中国国内(香港、マカオ、台湾を除く)のTOP3の権利者として、一位はHuawei(2314件)で、二位は中国石油化工有限公司(1595件)、三位はOPPO廣東移動通信有限公司(1312件)であった。

    2019年6月まで、中国国内(香港、マカオ、台湾を除く)特許権保有件数は174.0万件にのぼり、人口1万人あたりの特許保有件数は12.5件に達している。1万人あたりの特許保有件数がTOP3の省(区、市)は、順に北京市(121.8件)、上海市(50.9件)、江蘇省(28.5件)であった。

    2019年度上半期におけるPCT国際出願受理件数は2.4万件となり、前の半期より4.9%増加した。そのうち、2.2万件が国内出願者によるものであり、前の半期より2.8%増加した。2019年度上半期におけるPCT国際出願受理件数がTOP3の省(区、市)は、順に広東省(9807件)、北京市(3179件)、江蘇省(1920件)であった。

    2019年度上半期におけるわが国の特許の審査周期は22.7ヶ月、高価値特許の審査周期は20.5ヶ月、実用新案の審査周期は6.2ヶ月、意匠の審査周期は4.0ヶ月、不服審判の審査周期は11.7ヶ月、無効審判の審査周期は5.0ヶ月であった。

  2. 商標について

    2019年度上半期における商標出願受理件数は343.8万件となり、前の半期より4.1%減少した。登録された商標の件数は351.5万件にのぼり、前の半期より67.8%増加した。2019年6月まで、国内の有効な商標登録件数は2274.3万件に達し、前の半期に比べると、35.3%増加した。 平均5.2の市場主体にあたり、有効な商標を一件保有している。

    2019年度上半期における中国出願者のマドリッド商標登録出願件数は2849件であった。 商標出願の平均審理期間は5ヶ月以内まで短縮され、拒絶査定不服審判も7か月以内まで短縮された。

  3. 地理的表示について

    2019年度上半期における登録された地理的表示商標は229件であった。2019年6月まで、登録された地理的表示商標は5090件、認定された地理的表示製品は2380件あり、8295の企業に専用標章の使用を認可した。

  4. 集積回路配置設計について

    2019年度上半期、中国知的財産権局は2904件の集積回路配置設計の出願を受理し、前の半期より45.7%増加した。登録件数は2487件にのぼり、前の半期より52.0%増加した。

  5. 知的財産保護及び活用について

    2019年度上半期、全国の特許、商標行政法執行は総合法執行を実現した。6529件の特許権侵害案件と、1.15万件の商標違法案件を取り調べ処分した。

    2019年度上半期、全国特許及び商標の質権融資金額は583.5億元増加し、前の半期より2.5%増加した。質権項目は3086件にのぼり、前の半期より21.6%増加した。そのうち、特許質権融資金額は404億元、質権項目は2709件、1.3万件の特許に係る。