特許・商標登録・意匠登録、著作権・国際契約・訴訟事件・知的財産権全般を扱う特許業務法人秀和特許事務所

全国両会(全人代、政協)で知的財産権に関する重要内容

 3月12日、中国の国家知的財産権局局長申長雨氏は全国両会(全国人民代表大会、全国政治協商会議)の「部長通道」で、「公衆により便利、効率、コストが低い権益を保護するルートを提供するように、知的財産権保護支援センターの設立について検討し、海外での知的財産権の保護に力を入れ、中国の知的財産権が海外でも効果的に保護されるよう努力している。」と述べた。

 申長雨氏により、この一年間で、昨年6ヶ月へと大幅に短縮した商標の審査期間を今年はさらに5か月以内に短縮し、昨年10%短縮した高価値特許の審査期間を、今年はさらに15%以上短縮する。

 法律法規を完備させる。全国人民代表大会の特許法改正に積極的に歩調を合わせ、権利侵害に対する賞罰的賠償制度を設けて、権利侵害違法行為の代償を従来より大幅に高める。最新の特許法改正案は、故意の権利侵害行為に対して最大5倍の懲罰的賠償を定めている。その他に、新たな商標法改正の準備作業にも入った。