特許・商標登録・意匠登録、著作権・国際契約・訴訟事件・知的財産権全般を扱う特許業務法人秀和特許事務所

12月5日に、中国国務院常務会議にて『中華人民共和国専利法改正案(草案)』を通過した

中国国務院は、専利権者の権益保護及び発明・イノベーションの激励を強化し、実践における成熟なやり方を法律にするよう、『中華人民共和国専利法改正案(草案)』を通過した。

現時点で、「草案」は全国人民代表大会の審議を受けていないので、詳細内容がまだ公布されていないが、以下の改正要点だけをご参考ください。

  • 知的財産権侵害行為への打撃力度を強化するよう、「草案」は国際上のやり方を参考し、故意的な権利侵害、専利模倣に対する賠償額と罰金額を上げることにより、権利侵害のコストを上げ、違法行為を打撃する。。
  • 侵害者が関連資料を提供する挙証責任を明確にし、またインターネットサービス提供者が速やかに侵害行為を阻止しない場合の連帯責任を提出した。
  • 「草案」は発明者又は設計者が合理的に職務発明創造の収益を共有する激励制度を明確にし、専利授権制度をよりよく整ったものにするために改善した。

「草案」の詳細内容が公布されましたら、改めてご掲載いたします。