特許・商標登録・意匠登録、著作権・国際契約・訴訟事件・知的財産権全般を扱う特許業務法人秀和特許事務所

中国初の音声商標案件の判決、北京高院が終審判決、QQ提示音の登録を許可する

   先日、北京高級人民法院の終審において、テンセントが出願した“嘀嘀嘀嘀嘀嘀”という音声商標には顕著性があり、QQ提示音の登録商標を認めた。 この件は、中国商標法分野において司法判決を経た最初の音商標案件である。音声商標は、2013年から《商標法》に組み込まれ、どのような音声が商標として登録できるかについて社会公衆により広く注目されるホットな話題になっていた。 中国で最初の音声商標案件として、QQ提示音の商標出願は中国商標局と商標評審委員会により拒絶された後、 北京知識財産法院と北京市高級人民法院の審理を経て、指定された役務が出所を識別する機能を奏することができると認定された。

(情報の出所:中国知的財産雑誌)