特許・商標登録・意匠登録、著作権・国際契約・訴訟事件・知的財産権全般を扱う特許業務法人秀和特許事務所

李克強首相が指摘 :中国は知的財産権への保護を強化し、強制的な技術移転を禁止

   10月16日、中国の李克強首相はハーグ市立博物館でオランダ首相マルク・ルッテとともに中国-オランダ経済貿易フォーラムに出席し、演説をした。李克強首相は強制的に知的財産権を移転させることを禁止し、知的財産権の侵害行為を法律により厳しく処罰する立場を表明した。 また、李克強首相は、中国は強制的に技術を移転させることを禁止し、外国投資者による中国への投資の審査では技術の移転を前提としないと指摘した。合資協力者の双方がお互いに利益を得るという原則に基づいて行われた技術移転・協力については、中国政府は尊重する。中国は処罰力がより強い権利侵害の賠償制度を実施し、国際的な経済貿易ルールに合致する権利保護システムを完備することを目指している。

(情報の出所:国家知識産権局サイト)