特許・商標登録・意匠登録、著作権・国際契約・訴訟事件・知的財産権全般を扱う特許業務法人秀和特許事務所

カナダ特許法・特許規則の改正

カナダでは、2019年7月30日に特許法条約(PLT)を批准したことに伴い、2019年10月30日に新しい特許法および規則が施行されました。

[主な改正点]

  1. 以下の場合は、優先日から12か月以内にカナダで特許出願できなかったことが「意図的でない」ことを示すことにより、優先権の回復が可能になります。

    (1)PCT出願
    • 国際段階で優先権が回復された場合。
    • 国際段階で優先権が回復されなかった場合で、優先権の回復請求書が、国内移行日から1か月以内に提出された場合。
    (2)PCT出願以外
    • 優先期間の経過後、カナダの特許出願と優先権の回復請求書の提出が、優先期間の経過後、2か月以内である場合。
  2. PCT国内移行の期限

    現行(国際出願日:~2019年10月29日) 改正後(国際出願日:2019年10月30日~)
    • 優先日より30か月
    • 遅延手数料の納付により、優先日から42か月まで猶予可能。
    • 優先日より30か月
    • 以下を満たすことにより、優先日から42か月まで猶予可能。
      1. 回復手数料の納付
      2. 回復請求
      3. 優先日から30か月までに、カナダ国内段階に移行できなかったことが意図的でない旨の陳述書の提出
  3. 優先権に関する期限

    項目 現行(~2019年10月29日) 改正後(2019年10月30日~)
    優先権を主張する旨の手続 優先権を主張する特許出願のうち最先の日から16か月 優先権を主張する特許出願のうち最先の日から16か月またはカナダの出願日から4か月のうち、いずれか遅い方
    優先権書類の写し提出 カナダ知的財産庁の要求があれば提出が必要。 優先権を主張する特許出願のうち最先の日から16か月またはカナダの出願日(PCT出願の場合は カナダへの移行日)から4か月のうち、いずれか遅い方までに
    ①優先権主張した各出願の証明書を 提出する。または
    ②デジタル・ライブラリにて、カナダ特許庁が優先権書類を利用できるようにする。
  4. 期間の短縮

    項目 現行(~2019年10月29日) 改正後(2019年10月30日~)
    審査請求期限 PCT国際出願日またはカナダの出願日から5年 PCT国際出願日またはカナダの出願日から4年
    分割出願の審査請求期限 原出願日から5年、または、分割出願の日から6ヶ月のいずれか遅い方まで 原出願日から4年、または、分割出願の日から3ヶ月のいずれか遅い方まで
    オフィスアクションへの応答期限 2019年10月30日より前に発行されたオフィスアクション:送達日から6か月(延長不可) 2019年10月30日以降に発行されたオフィスアクション:送達日から4か月(2か月延長可)
    特許許可通知への最終手数料納付期限 2019年10月30日より前に発行された許可通知の日から6ヶ月(延長不可) 2019年10月30日以降に発行された許可通知の日から4か月(2か月延長可)
  5. 年金(納付できる者)

    現行(~2019年10月29日) 改正後(2019年10月30日~)
    出願維持:出願人のみ
    特許維持:何人も
    出願維持:何人も
    特許維持:何人も
  6. 放棄から回復した出願/特許権に関する、第三者の権利

    現行(~2019年10月29日) 改正後(2019年10月30日~)
    第三者の権利は発生しない。 審査請求料や維持年金が納付されず、納付期限から6か月を経過後、出願や特許権が回復した場合、(その特許発明を実施するための)第三者の権利が発生しうる。