特許・商標登録・意匠登録、著作権・国際契約・訴訟事件・知的財産権全般を扱う秀和特許事務所
第18回知財ディスカッションセッション(東南アジア諸国の知財制度と知財保護の実情について)

  近年、東南アジア諸国は日本企業にとって生産拠点や市場としての重要性が増しており、東南アジア諸国における知的財産保護の重要性が高まっております。そこで、今回は、シンガポールとオーストラリアを拠点とし、東南アジア各国に提携事務所を有する、Spurson & Ferguson 事務所の Kristian Robinson 氏、Simon Potter 氏および山本夏帆氏にお越し頂き、「東南アジア諸国の知財制度と知財保護の実情について」というテーマについて、ご説明頂きます。タイ、シンガポール、ベトナム、フィリピン、マレーシア、インドネシアを含めた各国の制度と実情について解説頂き、皆様と東南アジア諸国での知財戦略などを議論させて頂く予定ですので、皆様のご参加をお待ちしております。

  1. 日程

    15:00 ~ 16:30 プレゼンテーション
    16:30 ~ 17:00 ディスカッション
    17:00 ~ 18:00 懇親会
  2. 場所
    アゴラ東日本橋(秀和特許事務所の所在するアクロポリス21ビルの4階になります)
  3. テーマ
    東南アジア諸国の知財制度と知財保護の実情について
  4. プレゼンター
    Spurson & Ferguson 事務所
    Kristian Robinson 氏、Simon Potter 氏、山本夏帆氏
  5. 資料
    事前にお送りする予定です。
  6. 参加の申し込み
    秀和特許事務所の下記担当者までご連絡ください。
    担当:中村、今堀、佐貫
    E-mail:

    参加者数把握の為、一応期限は、とさせていただきます。