特許・商標登録・意匠登録、著作権・国際契約・訴訟事件・知的財産権全般を扱う秀和特許事務所
第6回知財ディスカッションセッションご報告
  去るに、北京中信公証処 主任公証員 王 明亮 氏、北京信慧永光知識産権代理有限責任公司 顧問弁護士 崔 暁光 氏、北京信慧永光知識産権代理有限責任公司 日本事務所代表 呉 毅 氏をお招きし、下記プログラムにて、第6回知財ディスカッションセッションを開催致しました。当日は21名のお客様にご参加いただき、実りある議論を行うことができました。また、セミナー後の懇親会では、参加者の皆様との親睦を深めることができました。

【第1部】
  • 中国における公証制度の概要(王明亮氏)
    • 中国公証の状況
    • 公証の基本効果 など
  • 中国公証制度について(崔暁光氏)
    • 裁判所に申し立てる証拠保全
    • 公証処による証拠保全 など
  • 中国における先使用権保全の公証(呉毅氏)
    • 中国における先使用権主張の条件、先使用権保全の流れ
    • 資料の準備 など
【第2部】
ディスカッション(王明亮氏、崔暁光氏、呉毅氏)
(配布資料 Q&Aベース)
  • 中華人民共和国専利法第69条第2項の「同様の方法を使用」について、製法以外の方法についても先使用権で保護されるか?
  • 保護される場合には、どのような証拠を保全すべきか?
  • 中華人民共和国専利法第69条第2項の「同一の製品、同一の方法」について、実施形式の変更はどの程度認められるか? など
資料が必要な方は、下記秀和特許事務所担当者までご連絡ください。
担当:平川、香坂
E-mail: