特許・商標登録・意匠登録、著作権・国際契約・訴訟事件・知的財産権全般を扱う秀和特許事務所
実用新案登録出願の流れ

実用新案登録制度では、早期登録の観点から形式的な審査のみを行う無審査主義を採用しています。出願時には出願手数料と同時に登録料を支払い、簡単な形式審査をパスすれば、実用新案権を取得できます。ただし、特許に比べて権利期間が短く、出願から10年で権利が消滅します。

実用新案技術評価書について

実用新案技術評価書は、実用新案権の有効性を判断する材料として、特許庁の審査官が出願された考案の新規性、進歩性などに関する評価を行い、これを請求人に通知するものです。請求は何人であってもすることができ、対象となっている実用新案権が消滅した後であっても、その実用新案登録が無効となっていない限り、いつでも行うことができます。

実用新案権の行使

実用新案の権利を行使する場合には、実用新案技術評価書を提示して警告した後でなければなりません。この提示やその他相当の注意をしないで警告や権利行使を行った後に、実用新案登録が無効となった場合には、警告や権利行使をしたことにより相手方に与えた損害を賠償する責めを負うことになります。